サービス環境づくりに対して
管理部門としてどのように
貢献すれば良いのかを
常に意識して取り組んでいます
エクセレンスインターナショナル
ポルシェセンター青山 管理部経理 課長代理
2014年入社 川口 貴弘KAWAGUCHI TAKAHIRO
INTERVIEW - KAWAGUCHI TAKAHIRO

2014年にアパレル業界から転職。
当時はポルシェセンター世田谷にて上司と2名体制で当時の会計を担当。
その後、ポルシェセンター青山の設立に伴い異動、経理の一般業務に従事。新体制となり、現在エクセレンスインターナショナル全体の経理財務を担当している。

数字はあくまで基準。そのウラを読み解き
不具合や改善点を見つけ出していく

自動車特有の経理処理がとにかく複雑

前職はアパレル関係の会社で経理を担当していました。
ポルシェとの接点はたまたまその会社の社長がポルシェに乗っていたことくらいでしょうか(笑)。
長く洋服業界にいたこともあり、他の業界も見てみたいという思いを抱いていた頃、ちょうど当社が経理担当の募集をしていたのがきっかけです。
業務内容をざっと列挙すると、財務管理、会計管理、振り込み、会計資料作成、決算書作成といったものになります。
前職との違いでいえば、商品を仕入れて販売するというスキームは業界が変わっても同じですが、
自動車業界特有の経理処理などが多く、また特に税金関係は複雑です。あとは何よりも単価の違いが大きいという点があります。

業務改善に貢献できたときはうれしい

現在、エクセレンスインターナショナル全体の経理財務を担当しており、青山の経理担当者と世田谷の経理担当者との3名体制で経理部門を担っています。
管理部門として会社の運営がスムーズになるようサポートすることを心がけています。
仕事の上では、現状の状況を鑑みて、経理側から社長などにも対策を進言する事もあります。
そうして計画どおりの数字がでたり、過去によくなかったところに対策を講じたことで業績が上向きになるなど、目に見えるかたちでの業務改善に貢献できたときはうれしいですし、やりがいを感じます。

数字のウラを読み取り、相互理解を促す

自動車業界はいまだ古い体質が残っていますし、改善すべきポイントは多々あると感じています。
徐々にではありますが、新しく変えていきたいという思いはあります。
そして私自身としては、数字を扱う仕事ではありますが、数字はあまりあてにはしていません(笑)。
いかようにも作れるという側面もありますし、結果としてそうなったと捉えています。
あまり数字ばかりを詰めていくと窮屈な感じになりがちです。そして無理矢理に数字を上げないといけないような事態にもなりかねません。
数字はあくまで基準でそのウラにある何かを読み解いて、そこから営業やサービスや、スタッフが抱えている不具合や改善点などを見つけ出していく。それが最終的に数字につながっていくのだと思います。
そういったコミュニケーションを図っていきたいと思っています。

先輩社員から応募者へのメッセージ

実務経験者でなくても間口を広げる
活躍のチャンスがここにあります

社風はガチガチの堅い感じではありませんし、とにかく色々なことに挑戦してみたいということが比較的やりやすい会社だと思います。
また大手ではセクション分けされているような業務も、一人に任される範囲が広いので全体像が見えやすいといったメリットもあります。
また、一般的に経理は3年以上の実務経験者の募集が多いのですが、世田谷には未経験者が入社していますし、当社ではそういった点でもチャンスがあります。
私自身はここで働く人達の人間味みたいなものに魅力を感じています。やってみたいという思いがあればぜひ挑戦してみてください。

Q.自分をポルシェに例えると?

911

デザイン面で一番かっこいいと思えるのはやはり911です。
またSUVのカイエンやマカンも感覚的なものですが、他ブランドよりもかっこいいと感じています。
私自身は角張ったモノがあまり好きではなく、流れるような、しなやなかなラインがポルシェの特徴だと思っています。
また音も単に大きくてうるさいだけでなく、かっこよくデザインされているような印象を受けます。私自身もそんなスタンスで仕事ができればと思います。

ONE DAY川口 貴弘の1日

  • 9:00 出社 入出金確認
  • 9:30 始業 青山経理スタッフ、世田谷経理スタッフと確認を取りながら経理業務の進行
  • 13:00 ランチ 遅めのランチタイム
  • 14:30 資金確認 振込精算・資金繰りなどの確認
  • 退社 翌日の仕事内容を確認して帰宅