クルマを預かる立場として
お客様の期待を裏切らない
正確・丁寧な整備を
心がけて取り組んでいます
エクセレンスインターナショナル
ポルシェセンター青山 世田谷工場 アフターセールス部 整備課
2015年入社 小島 崇平KOJIMA SHUHEI
INTERVIEW - KOJIMA SHUHEI

自動車専門学校を卒業後、整備課のメカニックとして新卒入社。
主な業務には、車検や点検、一般整備などを担当している。
鈑金業の父をもち、当時自宅にあった空冷911の修理を父と作業したことも。
休日は地下アイドルの熱烈なファンとして全国で“追っかけ”をしている。

“良い循環”が繰り返される職場環境で
何事もチャレンジしやすい風土です

学校の求人票にまさかポルシェがあるとは!

2015年に新卒で入社しました。
実家が鈑金業をやっていたこともあり、もともとクルマが好きで、整備学校時代にはドリフト走行なども楽しんでいました。
卒業後は周囲に輸入車ディーラーに就職する友人たちが多かったこともあり、たまたま求人票に國際グループを見つけたのがきっかけでした。
まさかポルシェの求人があると思っていませんでしたし、面白そうだしポルシェに触れられるのならいいなあという漠然とした憧れから応募しました。
主な業務内容は車検や点検などの一般整備です。新しいモデルはテスターを使って診断しないとわからないことも多く、勉強の毎日です。

クルマを預かる立場として期待を裏切れない

ポルシェという普段はなかなか触れることのできないモデルを整備することはやはりとてもやりがいのある仕事です。
正直にいえば、インテリアのデジタル化などは他ブランドのほうが進んでいるなと感じる部分もありますが、ポルシャの素晴らしい点は何よりも“走る”ということに重点を置いていることだと思いますし、お客様のほとんどがそれを求めています。
たまに他ブランドのクルマに乗る機会があるのですが、そんなときにはあらためてポルシェの凄さを感じます。
お客様の期待を裏切らないポルシェというクルマを預かる立場として、正確で丁寧な整備を心がけていこうと思っています。

いずれは父の背中に見た空冷911

現在は新しいモデルを中心に整備を担当しています。
ポルシェのテクニシャンにはブロンズ、シルバー、そして最高位のゴールド(マイスター)の3レベルの資格取得が可能なシステムがあるのですが、現在はシルバーを取得することができました。
次はマイスターに向かって挑戦していきたいと考えています。マイスターは技術力だけでなく、コミュニケーション能力や英語力も求められる難しいものですが、1歩ずつ経験を積んでいきたいと思っています。
また、少し昔の話ですが、父が空冷の911に乗っていたことがありました。古いクルマに手をかけて大切に乗っている姿に子供ながら憧れていました。
いずれは空冷の911などクラシックモデルも整備できるメカニックになりたいという思いももっています。

先輩社員から応募者へのメッセージ

ポルシェ未経験も大歓迎ですので
ぜひ飛び込んでみてください

必ずしもポルシェを知っている必要はないと思います。それよりも知ろうという意欲が大事だと思います。
最初のうちは誰にでも失敗することはあります。でも、前進しようという意欲があれば、どんなに失敗しても先輩方がフォローしてくれる環境にあり人間関係にはとても恵まれていると思います。
私自身もまさにそうやってサポートしてもらいました。
また、整備はマニュアル通りにいかないことが多々あります。そんなときに機転を利かせて別のアプローチを試みるような、臨機応変な対応ができる柔軟さが求められます。
現在、クラシック部門を合わせて18人のメカニックがおり、新卒としても4人の後輩がいます。

Q.自分をポルシェに例えると?

Panamera

ポルシェに例えるのは難しいので、好きなモデルを挙げるとするならば、パナメーラです。
以前、趣味でドリフトをやっていたときは国産セダンで楽しんでいたほど、実は2ドアスポーツよりもセダン好き。
スポーツカーのような派手さはないけれど、実用性もあって、いざ走りだすとスポーツカー顔負けの走りをする…。
そういうギャップが好きなのかもしれません。

ONE DAY小島 崇平の1日

  • 8:30 出社 出社してその日の入庫車両の整備内容を確認
  • 8:50 朝礼 スタッフ全員で朝礼。入庫予定などを共有します
  • 9:00 作業開始 点検で入庫した車両のコンディションを細かくチェック
  • 13:00 ランチ 昼食は近所のコンビニ比率が高め
  • 14:30 作業 別車両の点検を実施したのち、整備を実施
  • 17:30 終礼 翌日の入庫予定を確認
  • 退社 片付けをしておつかれさまでした!